事業計画策定

利益確保への第一歩

事業計画書は自社がどのように今後の事業経営を進めて行くのか、具体的に内外に示すために必要となります。

例えば創業時であれば、事業を成功させるためにどのような想いを持ち、どんな付加価値を社会に提供するのか、また持続可能性を有しているのか、様々な観点で思考する必要があるでしょう。

例えば設備投資であれば、設備内容の比較や業界全体の見通し、資金調達手段の検討、採算性と償還力の計算、定性面への影響など、投資を成功に導くために緻密な検証が必要になるでしょう。

当社では金融機関での経験と経営の知識を有する中小企業診断士が、お客様と膝を突き合わせながら各種計画の策定をお手伝いします。

利益確保への第一歩

事業計画書は自社がどのように今後の事業経営を進めて行くのか、具体的に内外に示すために必要となります。

例えば創業時であれば、事業を成功させるためにどのような想いを持ち、どんな付加価値を社会に提供するのか、また持続可能性を有しているのか、様々な観点で思考する必要があるでしょう。

例えば設備投資であれば、設備内容の比較や業界全体の見通し、資金調達手段の検討、採算性と償還力の計算、定性面への影響など、投資を成功に導くために緻密な検証が必要になるでしょう。

当社では金融機関での経験と経営の知識を有する中小企業診断士が、お客様と膝を突き合わせながら各種計画の策定をお手伝いします。

<対応可能な事業計画>

*只今準備中です

事業計画に役立つコラム